情報システム,ソフトウェア,ネットビジネスなどITに関する法律問題を解決!

プログラムの著作権による保護



Q プログラムは著作権により保護されると聞きました。著作権によるプログラムの保護について,具体的なところを教えて下さい。
A プログラムについては,それが著作権法の保護対象たる「著作物」と認められる限り,当然に著作権による保護を享受できます。もっとも,どのようなプログラムでも著作権による保護が認められるわけではなく,また,著作権ではプログラムの背景にあるアイディアは保護できないなど,一定の限界もあります。


(a)著作権法により保護されるプログラムとは?



何らかの形で作成者の個性が現れている創作物であれば,登録等を要せず,当然に著作権による保護を受けられます。プログラムについても同様です。もっとも,プログラムについては,技術上の制約があり,作成者の個性が現れる余地は少ないものといえます(ここでいう個性とは,効率,機能の面ではなく,表現という観点での個性です。)。この点について,東京地裁平成15年1月31日判決は,以下のように判示しており,参考になります。
…(上記一般論を前提としつつ)ところで,プログラムは,その性質上,表現する記号が制約され,言語体系が厳格であり,また,電子計算機を少しでも経済的,効率的に機能させようとすると,指令の組合せの選択が限定されるため,プログラムにおける具体的記述が相互に類似することが少なくない。仮に,プログラムの具体的記述が,誰が作成してもほぼ同一になるもの,簡単な内容をごく短い表記法によって記述したもの又は極くありふれたものである場合においても,これを著作権法上の保護の対象になるとすると,電子計算機の広範な利用等を妨げ,社会生活や経済活動に多大の支障を来す結果となる。


このように,どのようなプログラムであっても著作権による保護が認められるというわけではありません。

(b)著作権により保護される部分は?



仮にあるプログラムが著作権の保護対象たる「著作物」にあたるとしても,著作権により保護されるのは,当該プログラムそれ自体の表現に止まります。第三者が,当該プログラムの処理方法,機能,構成などといった面が類似していても,その具体的な表現が異なれば,著作権侵害は成立しません。

この点について,前掲東京地裁判決は,以下のように判示しています。
プログラム相互の同一性等を検討する際にも…,プログラムの具体的記述の中で,創作性が認められる部分を対比することにより,実質的に同一であるか否か,あるいは,創作的な特徴部分を直接感得することができるか否かの観点から判断すべきであって,単にプログラムの全体の手順や構成が類似しているか否かという観点から判断すべきではない。


特許権であれば,プログラムにより実現される機能や構成それ自体を保護することができます。これと比較すると,著作権による保護の範囲は,相当程度狭いものといえるでしょう。

(c)著作権法により禁止し得る行為とは?



次に,著作権により禁止し得る行為について考えてみても,一定の限界があるといえます。

たとえば,著作権法は,著作権により禁止し得る行為を個別に列挙しているのですが(著作権法21条から著作権法28条),プログラムを使用する行為は,この中には含まれていません。プログラムを使用する行為は,使用者がプログラム取得時において当該プログラムが違法複製物であることを知っていた場合に限り,例外的に著作権侵害とされるにとどまります(著作権法113条2項)。

これに対し,特許権であれば,第三者が侵害品であるプログラムを使用している場合には,その者が特許権侵害を認識しているか否かに関わらず,その使用を差し止めることができることができます(特許法2条3項1号等)。

(d)状況に応じた選択を



以上の通り,プログラムは著作権による保護を受け得ますが,これで万全というわけではありません。デッドコピーなどの例を除いて,プログラムの著作権侵害が認められるケースはそれほど多くありません。他方,プログラムの特許権を取得することも容易ではありません(詳しくは7-1をご参照下さい)。両者は,一長一短があり,個別具体的な事情に応じて,いずれによる保護が適切なのか,検討する必要があります。

(弁護士 高瀬 亜富 H25.6.28)