情報システム,ソフトウェア,ネットビジネスなどITに関する法律問題を解決!

システム納入後の不具合・瑕疵



Q システムを納入し,請求書も送付しているのですが,ユーザは,「処理が遅い」「使い勝手が悪い」「一部実装されていない」などと言って代金を支払ってくれません。ユーザの指摘事項は,いずれも軽微なもので,すぐに対応できるものか,あるいはもともと仕様として合意されていないものばかりです。
A 納品物に瑕疵がある場合には,ベンダはこれを修補したり,損害賠償したりする義務が生じます。もっとも,裁判例では,システムにはもともと不具合が存在するものであるから,すぐに修補できるものであったり,代替策が講じられたりするものについては,法律上の「瑕疵」にはあたらないとされています。仕様に書かれていないものであっても,一般常識に照らして著しく品質を欠くものについては,瑕疵と評価されることもあり得ます。


(a)システムの未完成と瑕疵



システムが納入された後,ユーザが期待していた品質を満たしていなかった場合に,「システムは未完成である」「システムに瑕疵がある」などとして,ユーザが支払いを拒絶することがあります。「未完成」と「瑕疵」は混同されがちですが,法律上は区別されています。

完成については,(06)で述べたとおりであり,完成の基準は一切の不具合が存在しないことではありませんので,ユーザは,システムの完成が認められる場合には,不具合の存在を理由に代金の支払いを拒絶することはできません(東京地裁平成14年4月22日判決など)。

(b)システムの瑕疵とは



前掲東京地裁平成14年判決は次のように述べています。
情報処理システムの開発に当たっては、作成したプログラムに不具合が生じることは不可避であり、プログラムに関する不具合は、納品及び検収等の過程における補修が当然に予定されているものというべきである。

このような情報処理システム開発の特殊性に照らすと、(中略)注文者から不具合が発生したとの指摘を受けた後、請負人が遅滞なく補修を終えるか、注文者と協議した上で相当な代替措置を講じたと認められるときは、システムの瑕疵には当たらない


つまり,すべてのバグが瑕疵になるのではなく,遅滞なく補修できず,かつ代替措置も講じられないものが瑕疵であるされています。

このような基準に照らすと,過去の裁判例の多くでは,ユーザによる瑕疵の主張は退けられていますが,前掲東京地裁平成14年判決では,在庫照会の際に30分以上の時間がかかり,その間,画面がとまってしまう,という現象を瑕疵であり,さらに契約の目的を達することができないとしてユーザによる解除の主張を認めています。

(c)瑕疵があれば契約解除できるか



瑕疵があれば,ベンダは修補義務,損害賠償義務を負います。ただし,瑕疵があれば常に契約を解除して一切の代金請求ができなくなるかというとそうではありません。民法635条では,請負の目的物に瑕疵があり,これによって契約の目的が達成できないときに限り,解除できるとしています。

要するに瑕疵の中でもさらに重大な瑕疵がなければなりません。どの程度の瑕疵であれば「契約の目的を達することができない」といえるかどうかは,瑕疵によるユーザの業務の影響度はもちろんのこと,提案書などの契約締結に至る経緯なども重要視されるでしょう。

(弁護士 伊藤雅浩 H25.3.31)