情報システム,ソフトウェア,ネットビジネスなどITに関する法律問題を解決!

システムの受託開発に関する問題



クラウドコンピューティングの時代になり,企業内情報システムも自らの資産として保有するのではなく,第三者が提供するサービスとして使用する時代になってきていると言われています。しかしながら,自社の業務に対応するため,また,より競争力を高めるため,各企業の個別的ニーズはあり,そこにカスタムメイドの開発業務が生じてきます。

そして,以前にもまして短納期,低予算の要求から,システム開発を巡るトラブルは頻発しています。ここでは,システムの受託開発に関する問題を取り上げて解説します。

①RFP/提案書の法律上の位置づけ


RFPや提案書に記載した事項について,ユーザ・ベンダは拘束されるのか,法的にどのような意味を持つのかを解説します。

②システム開発契約書の意義


システム開発の一連プロジェクトで用いられる契約の形態,書面について基本的事項を解説します。

③請負と準委任契約


システム開発契約の法的性質は請負契約または準委任契約と言われます。両者の違いについて基本的事項を解説します。

④契約書がないまま着手した場合


契約書の取り交わしがないまま作業を着手し,途中で中止になってしまった場合の法律関係について解説します。

⑤完成前にプロジェクトが中止した場合


システムが完成しないままプロジェクトが頓挫してしまった場合の法律関係について解説します。

⑥システムの完成とは?(納品・検収をめぐる問題)


実際にもっとも多くのトラブルが生じると言われるシステムの納品,検収に関する法律関係について解説します。

⑦システム納入後の不具合・瑕疵


どのような場合に法律上の「瑕疵」といえるか,「解除」できるか,など,システム納入後に発覚した不具合,瑕疵担保責任を巡る法律問題について解説します。

⑧仕様変更・開発スコープ変更に対する追加請求


作業中に,仕様が変更された,開発スコープが変更された場合に,追加請求ができるのか,できないのか,といった問題について解説します。

⑨下請けへの再委託


自社が受託した業務を下請企業に再委託することが可能なのか,再委託した場合の責任についてどう考えるべきかを解説します。

⑩開発業務と下請法


開発業務を再委託する際,下請法が適用される条件と,適用された場合の規制について解説します。

⑪どこまで損害賠償責任を負う?


仮に自己の責任で業務を完了させることができなかった場合,どこまで損害賠償責任を負うのかということについて解説します。

⑫システム開発訴訟の審理


システム開発を巡る訴訟は時間と費用がかかると言われて敬遠されています。具体的にどのように審理が進められるのか解説します。

⑬オフショア開発時の注意点


開発業務の一部を海外に委託する(オフショア委託する)際の基本的な注意事項について解説します。

⑭完成したシステムの権利


納入したシステムに組み込まれたコンポーネントを再利用することができるのか,という観点でシステムの著作権について解説します。

⑮データ移行を巡る問題


開発業務の脇役でありながら,必須の作業であるデータ移行について,契約上の留意点を解説します。